ナレーションのための表情筋のトレーニング

顔面の筋肉をあちこちつまんで、つねっていないのに痛かったとしたら、寝たきりになると筋肉が固くなるのと同じように、顔面の筋肉も使わなければ固くなるからです。ナレーションの表現者が「顔面寝たきり状態」になってしまってはいけませんので、毎日表情筋のトレーニングをしながら、指で表情筋をもんで柔らかくしておくとよいでしょう。

ナレーションのお得情報を用意いたしました。

舌先を上の歯の裏側につけて、そこからだんだん奥のほうに舌先を移動させていくようにします。
上の歯を過ぎると歯ぐきになりますが、ザラザラした感触があります。

そこを「硬口蓋」と言います。
さらに奥へ移動していくと、いきなり急カーブになり。滑らかな感触が奥のほうまで続いていき、くすぐったい感じがします。

その広いところが「軟口蓋」で、熱い牛乳などを飲むと皮がむけたりするところです。



Nのハミングとは、英語の「n」のことで、日本語の「ん」ではありません。

コトバンクの特徴につてをいくつか紹介しています。

「ん」は舌が下にありますが、「n」は舌先が上につきます。

下をつける場所は、硬口蓋と軟口蓋の境目がいいでしょう。
この場所を「ニューヨーク」と呼ぶことにします。


Nのハミングは、ニューヨークについている舌先の強さがポイントになります。

強過ぎず弱過ぎず、ニューヨークにつけた舌先を左右に広げるようにすると、ナレーションでも、より柔らかい響きになりますが、舌先をニューヨークに押しつけ過ぎると、喉が締まって固い響きになってしまいます。

「ナレーションで高い声を出したりすると喉が締まってしまう」という人は、舌滑筋や広頚筋が固くなっているためで、Nのハミングを習得すれば喉を締める癖は直ります。




Copyright (C) 2015 ナレーションのための表情筋のトレーニング All Rights Reserved.