コピー機のリースやレンタルの利用でコスト削減しよう

コピー機を新しく導入する場合、購入するとなると多大なコストがかかってしまいます。

そのようなコストをなるべく削減したいのでしたら、リースかレンタルを利用するのがよい方法になります。


リースとは、リース会社が利用者の希望の機種をメーカーなどから購入して、それを利用者に貸すサービスのことです。

この場合、初期費用をかけることなく毎月決まった料金を支払うだけでコピー機を使用することができるのです。

コピー機のコストに関連した情報が掲載されています。

その際、契約期間が設けられますから、その期間中は途中解約することはできません。

しかし、リースの支払額は経費として扱うことができますし、金額も固定されていますから、ランニングコストが把握しやすくなるというメリットがあります。



また、所有権はリース会社にありますから、減価償却の手続きや固定資産税の支払いなどが発生しません。
一方、レンタルは、リースと同じように業者から借りるサービスになっていますが、契約期間が設けられていませんから、好きな時に解約をすることができます。

ですから、イベントなどで短期で使用したい場合にも気軽に利用できるようになっています。
また、いつでもコピー機の機種を取り替えることができますから、新しい高性能の機種をすぐに試すことができるのも大きなメリットです。


コピー機は高機能であるほど仕事の効率にも良い影響を与えますから、なるべく新しい機種を取り入れたいという方にはレンタルを利用することをおすすめします。

NAVERまとめに関する情報が満載のサイトです。


Copyright (C) 2015 コピー機のリースやレンタルの利用でコスト削減しよう All Rights Reserved.