ファクタリングは資金調達の新たなチャンネル

main-img

ファクタリングは、企業等が保有する売掛債権を活用して資金を調達するという、一種の金融サービスです。

といっても、債権を担保に借入れを行うのではなく、売掛金を受け取る権利そのものを売却することによって代金を得るという形を取ります。

通常、売掛金は商品等の売買契約が締結された1〜2か月後に入金されます。したがって、入金されるまでの間は帳簿上は売り上げが計上されているのにも関わらずそれに相当する手許現金がないことになります。


このタイミングで資金繰りが悪化して原料費や人件費などの支払いができなくなると、いわゆる黒字倒産が発生してしまいます。

ファクタリングは、こうした事態を防ぐのに役立ちます。

ファクタリングを利用する時は、一定の手数料を支払って売掛債権を売却します。
この手数料は利息制限法の適用を受けないため、場合によっては借入れを行った場合の金利よりも高額になることがあります。


しかしながら、ファクタリングにはそもそも銀行の融資などを受けられないような経営状況の企業等でも、売掛先の信用度が高ければ利用できるというメリットがあります。さらに、金融機関の融資の場合はその金融機関自体の経営状況を改善するために貸付金の回収を急ぐ、いわゆる「貸し剥がし」のリスクがつきまといます。

ファクタリングについての情報はこちらです。

これに対してファクタリングは売却代金を返済する必要がないので、そうした心配はありません。



そのため、資金調達に伴うリスクを分散させる目的での利用価値もあります。



ファクタリングのみんなの常識

subpage1

ファクタリングは、売掛金を現金化することで経営に必要な資金を調達できるという、ユニークな金融サービスです。と言っても、厳密には金融商品ではありません。...

more

いまどきのファクタリング

subpage2

企業等において資金繰りの悪化を防ぐために取り得る手段はいくつかありますが、最もシンプルなのは売掛金の回収を急ぐことです。通常、企業間の取引で発生する売掛金の支払期限は数週間ないし数か月後に設定されます。...

more

ファクタリングの納得の知識

subpage3

ファクタリングには様々な派生サービスが登場しています。本来のファクタリングの意味は、企業取引で発生した売掛債権を売却することを指していました。...

more

ファクタリングのためになる情報

subpage4

最近は、企業間取引においてファクタリングを利用する会社も増えています。ファクタリングとは、業者に自社が所有している債権を渡し、そのかわり業者から自社がお金をもらう仕組みのことです。...

more