神戸の賃貸物件の現地見学では巻き尺があると便利

神戸の賃貸物件を探していて、気になる物件が見つかったら現地見学をします。現地見学は不動産会社のお店で申し込みをすると案内してもらえ、広告上でも物件のいろいろな情報を知ることができますが見学は必ず必要です。

目的に応じて神戸の賃貸情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

神戸の賃貸物件の現地見学では、まずは広告に記載されている内容と同じかどうかをチェックします。

朝日新聞デジタルのことなら、こちらをご参考にしてください。

間取りや方角、べランダや窓の位置、エアコンなどの設備機器とともに、忘れてならないのが広さです。
物件広告には広さが平方メートルや畳数で記載されています。

部屋の広さが広告と同じかどうかを実際に確認するため、現地見学では巻き尺が必須アイテムです。

広さが畳数で掲載されている場合は、自分の目で見た広さも重要な確認項目となります。

というのは、畳にはいくつかの規格があるからです。

物件広告で例えば8畳と書かれていても、畳には江戸間・京間・中京間・団地間といくつかの規格があって1畳の広さが異なります。
自分のイメージしている8畳間と比べて広さが違うというケースも少なくないので、目で見た広さと畳の規格は要チェックです。

神戸で賃貸物件の現地見学をする時に巻き尺があると、いろいろな所で使えます。

現地見学の時には、家具や家電製品のレイアウトについても考えるものです。
巻き尺があれば、例えば洗濯機置き場などのサイズを測ることができます。



今使っている家電がスペース的に置けるかどうか、どこにどの家電を置くかなどを考えながら現地見学をすれば、後々の引っ越しのための荷造りも効率的に進めることが可能です。