神戸の賃貸物件広告の取引態様とは

神戸の賃貸物件探しで不動産会社のお店に行くと、常時たくさんの物件広告をチェックすることができます。

広告では、神戸の賃貸物件のいろいろな情報を知ることが可能です。

神戸の賃貸に関しての情報を紹介しているサイトです。

取引態様という項目があります。取引態様というのは、不動産会社がその神戸賃貸物件に関わる立場を示すものです。取引態様には、貸主・代理・仲介の3つがあります。

貸主の取引態様は、不動産会社自身が所有する神戸の賃貸物件を会社が大家さんとなって第三者に貸すものです。


代理と仲介の取引態様では、物件の所有者つまり大家さんが別に存在します。


代理では大家さんに代わって、仲介では大家さんと借り手との間に立って正式契約の成立をサポートするのが不動産会社の立場です。

日本経済新聞に関する情報が閲覧できます。

物件広告に取引態様が掲載されているのは、これが仲介手数料の有無に関係していることによります。

仲介手数料は、正式に契約が成立した場合に不動産会社が成功報酬として請求できる手数料です。


不動産会社自身の持ち物である物件を他人に貸す貸主の取引態様では発生しませんが、代理と仲介では不動産会社は仲介手数料を請求することができます。



神戸の賃貸物件に正式に契約する時には、初期費用が必要です。
初期費用は家賃の半年分が目安とまとまったお金が必要で、その中に家賃1か月分として不動産会社に支払う仲介手数料が入っています。
物件全体として、最も多い取引態様は仲介です。

よって、多くの物件で仲介手数料が必要になります。