ファクタリングの派生サービス

ファクタリングには様々な派生サービスが登場しています。

本来のファクタリングの意味は、企業取引で発生した売掛債権を売却することを指していました。

通常は1カ月〜半年程度かかる期間を、短縮して即時現金化できるサービスです。

派生サービスの代表的なものは、医療報酬ファクタリングでしょう。

これは、医療機関が社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体連合会に対して有する医療報酬債権を売却するというものです。


企業間取引で発生した売掛金ではないので、派生サービスと言われています。


債権を回収できないリスクが低いので、手数料はかなり低く設定されているようです。

商品在庫ファクタリングなども派生サービスです。


その名の通り、製造しすぎた・仕入れすぎた商品の在庫を買取します。

電化製品・アパレル・食品などさまざまな種類の商品に対応しています。
こちらは対応している会社が限られているので、注意が必要です。

魅力の高いファクタリングの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

他にも家賃収入ファクタリング・取引信用保険・資産担保融資など、派生サービスはいくつかあります。



共通しているのは、将来的に受け取れるはずのお金を、即時に現金化してしまうサービスであるという部分です。


そのため、根本的に経営難を解決できる方法ではないことには注意しましょう。
一度利用してしまうとズルズルと継続的な利用になることもあるので、根本的な解決方法とセットで行わなければなりません。



本来なら満額受け取れるはずのお金が、手数料分引かれているので、継続的な利用になると危険です。