ファクタリングにはリスク回避のメリットがある

企業等において資金繰りの悪化を防ぐために取り得る手段はいくつかありますが、最もシンプルなのは売掛金の回収を急ぐことです。

ファクタリングに関する耳より情報です。

通常、企業間の取引で発生する売掛金の支払期限は数週間ないし数か月後に設定されます。
これを早期に回収すれば、キャッシュフローは改善します。

ただし、当然ながら取引先にも資金繰りの事情があるため、要請しても期限前に支払ってもらえる保証はありません。
期限ぎりぎりにしか入金されないとなれば他の手段を考えなければなりませんが、そんな時に有効な選択肢となるのが、ファクタリングです。
ファクタリングは、売掛金の債権を第三者に買い取ってもらうことでその代金を得るという資金調達法です。


第三者となる買取事業者には、一定の手数料を支払います。



より実態に即して言えば、債権額から手数料を差し引いた額が買取代金となります。

利用者側にとっては、額面が減額される代わりに支払期限が到来するよりも前に事実上の「入金」が受けられるというメリットがあります。この仕組みは、手形割引制度とよく似ています。



異なるのは、手形割引の場合は不渡りが発生した際の償還請求権があるのに対して、ファクタリングにはそれがそれが存在しないことです。

つまり、それだけ買取事業者側のリスクが高くなることになります。


その分手数料も高額となりますが、利用者側のリスクは逆に低減します。

そのため、債権が未回収となるリスクを転嫁できるというメリットも生まれることになります。